So-net無料ブログ作成

甦れ!バーンスタイン一期一会のライヴ [SACD]

image.jpg
SHM-SACDでのリマスタリングの音質には玉石混交といった印象があり、カルロス・クライバーのベートーヴェン「運命」ならびに7番は音に芯がなく、最低だと思っている。私が愛聴しているのは、同じくクライバーのシューベルト、ムラヴィンスキーのチャイコフスキー、ヨッフムのオルフ、カラヤンのR. シュトラウス「四つの最後の歌」である。

今年はバーンスタインの没後25年目にあたり、ユニバーサル・クラシックからベートーヴェンの交響曲全集と例のマーラーが発売された。今日はその「例のマーラー」について書いてみたいが、その前に一言。

バーンスタインのベートーヴェンの交響曲全集は、カロリーは高いが脂っこい印象で、とりわけ金管など品のない音がずいぶん聴こえる。昔ほど感銘は受けなかったが、改めて聴いて随分細部までこだわりのあるユニークな演奏だと思った。また、改めて価値を見出すだろうか。それにしても、何故マーラーの交響曲全集をSACD化しなかったのだろうか。ずっと需要、それからSACD化のメリットがあると思うが。。。

さて、「例のマーラー」。曰く付きの演奏だが、昔から好きではない。

ちなみに、マーラーの交響曲の中で、9番はそれほど愛着がなくなっている。なるほど、1楽章は非凡だが、終楽章を弦楽主体のアダージョを持って来たいがために、中間2つの楽章はアイロニカルなスケルツォの性格にせざるを得ず、それがシンフォニー全体として完成度を損なわせているように思う。

同じようなことを考える方が、音楽家や学者の方にもいて、たとえば、東京藝術大学名誉教授の佐藤眞さんは、「要するに、真ん中二つは捨てなんだよな」と述べておられる。「捨て」とまでは思わないが、高校時代、ワルターのライヴを聴いていた頃も、2楽章だけは最後までシンパシーが湧かなかった。

私なら、マーラーはまず「巨人」「復活」「大地の歌」で、5番、7番、8番あたりはよく楽章を抜き出して聴く。9番よりも10番にずっと惹きつけられる自分を最近は感じるが、これについては閑話休題。

さてさて、改めて「例のマーラー」だが、初出CDの音質。あれは金属的なギラギラした音で、ベルリン・フィルの弦はのっぺりしていて、「どこが良いの?」という思いだった。アムステルダムでの録音が一等で、イスラエル・フィルとのライヴも今一歩かなと感じていた。

ESOTERICがSACDハイブリッド化し、奥行き、雄大さが増し、弦楽が艶をもって豊潤に聴こえるようになると、これがベストかなと思うようになった。9番に冷めていたのに、久しぶりにじっくり耳にし、感銘を受けたからだ。

その後、SHM-SACD化。シングルレイヤーだし、マスター・テープはユニバーサルの保有。さらなる高音質を期待しないわけがない。

初期ロットは不良だった。ユニバーサルは「4楽章が途中から片チャンネルになる」と言って、回収・良品交換対応したが、それがなければ知らん顔するつもりだったのか!?

収録音量レベルは異常に低く、アンプの音量を最大にしても足らない。楽章間の雰囲気やバーンスタインの唸り声なども、旧来のCDよりカットされずに復活しているが、音自体の情報量が少ない為、まるで生気のない「死んだような音楽」に変貌していた。リマスタリングは失敗か、と失望した次第である。

さて、良品は9月11日に届いた。余計なノイズ・カットもしなかったのだろう、臨場感に溢れ、生々しく迫力ある音質に変わっていた。低音は締まりがあり、ティンパニもダブつかない。これに比べると、やはりESOTERICのマスターは二次的なものか、オリジナル・アナログ・マスター・テープなとではない。バーンスタインの唸り声がかなりカットされた、旧来のCD用マスターであることがわかる。

ということで、やっと満足した。名演だけに、良い音質で蘇れば、胸を打つのは必定。これからはこちらで楽しむことになりそうだ。



nice!(0) 

クレンペラーのSACDシングルレイヤー化は失敗だったか!? [SACD]

image.jpg

2015年も9月に突入。時間が経つのは本当に早い。今夏は比較的、音楽を聴く時間が持てたので、ずっとじっくり聴いてみたかったワーナーのクレンペラー、SACDシングルレイヤー化されたベートーヴェンを聴いていた。

結論から。クレンペラーのEMIのステレオ録音は、SACD化がほとんど失敗に終わっているように思う。オークションや中古で、とんでもないプレミア価格がついているが、そんな価値はないと断言する!
以下は、CDとの念入りな聴き比べをした結果である。

クレンペラーのベートーヴェン交響曲全集は、座右に置きたい定番的な愛聴盤。待ちかねていた名盤の最新リマスターだった。

ASDレーベルのオリジナル・ジャケットを採用、LP発売時の曲目構成を意識して発売したため、ここまで細かく分けて発売する必要もなくもがな!っちゅうくらいの分売の量。最近出たバーンスタインの全集(DGのshm-sacd)と同じように財布も大変だった。

音質は見晴しが良くなり、一つ一つの楽器の音が耳当たり良く耳に入る。低域・中音域・高域がバランス良く、旧配置によるオーケストラの立体感が感じられた。風通しが良い、というのかスッキリ、スマートになった印象だった。

最初はSACDの効果は絶大だ、マスターの音に一番近いはずだ、と信じていたが、どうもCD時代に楽しんだ、あの「古めかしくて不器用な、それでいて人情味のある古城のような情緒」が感じられない。音色感が希薄で、人工的な感じなのだ。そして、妙に「自信のある音」になっている。

いぶかしく思い、CC30-3272〜77などという三十年近く前の古いCD全集と聴き比べてみた。

CDは音量を上げると音がキンつき場面(とりわけフォルテ)、聴き疲れするところもなくはないが、全体としては、楽器の質感といい、録音会場として使われたキングズウェイ・ホールでの臨場感、クレンペラーやプレイヤーの存在感など、ガサゴソノイズなど、SACD化でのリマスタリングで蒸留、いや漂白されてしまったものの多くを好ましく、味わい深く感じた。

SACDシングルレイヤーは、クレンペラーの演奏を綺麗に美しくは整音したが、老巨匠が音に込めた枯淡とも言えるポエジーや陶器を愛でるような音符への愛情まで消し去っている。ヘイワースの言う「良き音楽の弁護士」の演奏とはとても感じられない商品だ。

具体的に行こう。

まず、併録された序曲はことごとく音が悪い。覇気がなく、ふやけていて、重厚さがない。4番の終楽章、一番最後の和音には、CDでも「ザッ」という雑音が残っている。これを、こともあろうに除去したのだろう、不自然な加工をしているために、まことに興醒めな最終和音に変貌している!誰も指摘しないが、世の中どうなってるのだろう?

7番、有名なフィナーレ。CDで聴いてみれば、各楽器はうねるようで、むせるくらいの楽器の音の魅力、オーケストラの色艶が味わえる。そして、どこか禅のような、苔むした味わいも、、、。「あ!クレンペラーだ!」というあの音だ。SACDは、ただ音だけが聴こえる。クレンペラーの演奏の味わいを失くして、アナログな重厚さを失くして、どこか軽い、ぱっと聴けば鮮明だが、深みのない音に変わっている。

3980円という値段は高額だったが、それでも「この演奏が好き!」というのであれば、一度は聴いてみる価値があるのかもしれない、とタカをくくっていた。

上記は私の入門クラスのオーディオ装置による試聴だし、ランクが上がれば別な感想になるかもしれないから。オリジナル・マスター・テープからリマスタリングをやり直し、ルビジウム・クロックによるデジタル処理、イコライジングを最低限度に、ということだが、その最低限度がかなり怪しい。

マーラーも、ミサ・ソレムニスも、どうも綺麗すぎる。試しに後者を、西ドイツ盤のCDで比較したが、合唱の混濁さ、フォルテのきつさ、それに伴うノイズが大きいとはいえ、楽器の質感やソノリティーはこちらが自然な感じ。SACDシングルレイヤーは、「きれいな(人工的な)クレンペラー」だ。

お手元のCDで、十分堪能できると申し添える。高いお金で買うもんではないです。再発売されたら、お試しを。

nice!(0) 

EMIのSACDの音はどこがいいのか~バイロイトの第9を例に [SACD]

FurtwanglerBeethoven9Sacd.jpg

 SACDをモノラル化しても効果はない、SACDとCDとでは大差がない、など色々な意見があるようです。

 私もSACDプレーヤーを導入する前は、眉に唾をつけていぶかしく思っていたものですが、

 一度聴いてしまうと、もう二度と普通のCDに戻ろうとは思わない。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 SACDのどこがどう良いのか、ちょっと書いておこうと思います。

 取り上げるディスクは、言わずと知れた「バイロイトの第9」です。

 これまで私が聴いてきて音が良いと思ったのは、MYTHOSのNR9000-6/7 Legend Master、

 Delta ClassicsのDCCA-0029、 OtakenのTKC-301、それに東芝EMIのTOCE7530/4でした。

 MYTHOSのはその後もいくつか新バージョンが出ていますが、

 初めて聴いたときのインパクトはこれが最高でした。

 原音再生というよりは、如何に劇的に鳴らすか、といったところに焦点が置かれているため、

 ものすごい音に感じたものです。しかし、バリバリというノイズには耐えられません。

 Otakenのは穏やかでマイルドな音でした。これと同系統なのがDelta。

 これらは初期LPからの板起こしで、たしかにEMIのリマスタリングより情報量が多く、アナログ的な音です。

 特にDeltaのは優れていました。

 ただ、マスターはEMIが持っているわけですから、出来の良いリマスタリングだと、

 TOCE-7530/4のようにクリアーで情報量多いサウンドが聴けるわけです。

 SACDを聴かないとすれば、私ならDeltaかなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 SACDのリマスタリングは、ノイズをカット(舞台上の物が落ちる音とか、聴衆ノイズ(咳)などを目立たなくさせる処置)を行っているために、音は加工された印象です。

 まず、これはDeltaなどと比べて大きなマイナス点。

 CD層で聴くと、楽器の音は漂白気味だし、金属的に感じられる。

 ただ、オリジナル・マスターにアクセスできるわけですから、素性そのものは良いわけです。

 SACD層で聴くと、これらのマイナス点は、高音質フォーマットのおかげで相殺されます。

 CDよりも情報量が多くなるために、楽器の音や細かい部分の音がすっきりと浮かび上がってくる。

 影に隠れていた伴奏の音型や低音がぐっと出てきて、厚い音の層が現出する。

 音量を上げても聴き疲れがしないので、迫力も堪能できるわけです。

 全体に奥行きや音の立体感がモノラル録音であるにも関わらず出てきて、これらはCDでは聴けないものなので

 Deltaですら、のっぺりとした印象を受けてしまうのです。

 そして音が細く感じられるようになります。

 しかしながら、高音の抜けはリマスタリングで悪くなっているし、音がこもった感があるのは本当に残念です。

 ですから、100点をとれない優秀なリマスタリング、というレベルでしょう。

 もうおそらく無理かもしれませんが、シングル・レイヤーで発売、なんていう事態になったら、

 聴衆ノイズ・舞台ノイズはカットしない、マスターから直接DSDリマスタリング、という過程にして、

 機材をもっと慎重に選んでほしい、加工ソフトなどを使わないで欲しいと思います。

  ということで、EMIの現在のSACDシリーズは、現時点でのベスト、という印象です。

 永遠に残るようなベストを作ってほしいところです。パッケージも含めて。


nice!(2)  コメント(0) 

クレンペラーのベートーヴェン:荘厳ミサ曲のSACD [SACD]

 オーディオにはこだわらない。

 エントリー・モデルの中でもごく初級のものを使って、コストパフォーマンス最大の効果を上げるのが趣味だ。

 オーディオに投資するよりは、やはり廃盤になりかねないソフトの蒐集のほうが先になってしまうし、オーディオは所詮、「コンサート」の代用に過ぎない、という考えからである。

 私の使っている使用機器をご紹介する。当分の間変わらない。というか変える金はない!笑

 SACDプレーヤー:マランツSA8004

 (音質は高音域が元気。中音域も情報量豊かだが、低音域は引き締まり、全体にかっちりとした硬い印象。寒色系なので、ウェットな感じやウォームな感じがしない。繊細さがあり、音自体にどことなく品の良さを感じる。土台を吟味しなければ良い音では鳴らない。これはオーディオすべてに言えることだろうが。満足度は△)

 ヘッドホン:HD650

 (ゼンハイザーの中では一番オーソドックスで優れたヘッドホンの一つではないだろうか。もっさりとしているという人もいるが、奥行きやスケールを感じさせるし、中音域から低音域にかけての分厚さが魅力。高音域も目立たないが上質。オーケストラものに強い。ただ、ソリッドなキレはいまいち。満足度は〇)

 ヘッドホンアンプ:インターシティーHD-1L(Winter Version)

 (ノーマル・バージョンのピアノ・ブラックよりは、ウィンター・バージョンのシルバー色のほうが汚れが目立たず良い、と判断。インターシティーは試聴ができるので、逸品館のCEC HD53Nの改造バージョンとの比較を試みた。後者は音がより広がり、温もりが出るが、残念ながらギャング・ノイズがある。HD-1Lは音が前に出てくる感じで、艶が乗る。聴き比べて、音の変化が小さく、ジャンルを選ばず無難な鳴らし方をしてくれるHD-1Lを採用。満足度は〇)

 電源ケーブル:AIRBOW CPSC-LH2

(逸品館のケーブル。逸品館の電源タップと組み合わせて使用。電源にこだわるのはオーディオ・マニアの登竜門なのだろうが、とりあえず慈善の作。若干、音の粒子が品質良くなった気がする程度。満足度は△)

 RCAケーブル:AIRBOW MSU-X TENSION

(音にエネルギー感が増し、バランスが良くなった印象だが、こだわるならさらなるレベル・アップもありうるだろう。満足度は△)

 インシュレーター:KRYNA D-PROP extendを3点支持で、ヘッドホンアンプに。D-PROP extendとC-PROPを組み合わせて、SACDプレーヤーに3点支持で。

(音に奥行きが増し、団子になっていたフォルテの音がほぐれ、今まで目立たなかった音型やバランスが生きてくる。高音から低音までバランスが良くなり、耳疲れが激減。音の像は大きくなり、高さが出てくるので、スケールを感じる。正直インシュレーターでここまで変わるのか、という感動がある。満足度は◎)

 MDFボード(ストーリオの中級密度のもの)

(超高級品ではなく、ホームセンターで買うよりは品質が良く、オーディオでも使える、という品である。通販で買える。この下に新聞紙をしき、インシュレーターをかませ、オーディオを設置する。高音の刺激感がなくなり、ぐっと中音域が厚みを増す。自然なバランスになる。満足度は〇)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上のように、若干の妥協も含めたオーディオ・システムであるが、悪い音ではない。

 ミニ・コンポやそんじょそこらのPCオーディオよりは良い音質であることは間違いない!(んじゃないかな、ま、ちょと覚悟はしておけ。)

 ということで、昨日届いた一枚。

KlempererBeethovenMissaSACD.jpg

 最悪のリマスタリングだと思っていた。

 EMIによる名盤SACDシリーズが始まり、一番興味を持ったのはクレンペラーだった。

 ベートーヴェンの「荘厳ミサ」と言えば、名盤中の名盤である。「荘厳ミサ」を愛する者にとっては座右の盤であり、今回のオリジナル・マスターからの最新リマスタリング、そしてSACDフォーマットでの発売はまこと期待に胸を膨らませたものだ。

 聴いてがっかりした。左右のチャンネルが入れ替わり、音にも大した向上がなかったのである。音に厚みがなく、うすっぺらい。そして合唱のフォルテでは音にノイズがかぶる。これなら、昔買った西ドイツ製の最初期CDのほうが良いと思った。低音のパンチが弱いのだ。

 しかしながら、メーカーによる交換対応の知らせが届き、いぶかしく思いながらも一応送付。代替品が届いたのは一昨日のことだった。

 一聴して、初期不良は修復されていることがわかった。さらに、心なしか音に厚みがあり、オーケストラの音も今まで目立たたなかった細かい音型が耳に入ってくるようになる。合唱の歪は相変わらずだが、鮮度とエネルギーがあり、パワフルなのだ。

 西ドイツ盤と聴き比べる。うーむ、のっぺりしていて、生気がない。これはリマスタリングをやり直したか?あるいは、最初からSACDに使用するべきではない音源を使用してしまったトラブルだったのか?とにかく、聴きこんでみると確かに音質は向上しているのだ。

 SACDの良さは、ぱっと聴いただけでは驚異的に違わないのでわかりにくいかもしれない。しかし、音の自然さ、楽器の生々しさ、柔らかさ、といった点、そして聴き疲れなく、情報量は一割増になる当たりがポイントになるのだろう。

 現時点では一番良い復刻音となったことを喜びたい。個人的にはさらなる音質向上を望みたいが・・・。


nice!(1)  コメント(0) 

シューリヒトのブルックナー:交響曲第8番~SACD化 [SACD]

BrucknerSchuricht8.jpg

 EMIによる「名盤SACD」シリーズの中で、発売が待ち遠しいものが4つあった。一つはクレンペラーのベートーヴェン「荘厳ミサ曲」、マーラーの交響曲第7番、そして、シューリヒトのブルックナーの交響曲第8番と第9番である。

 クレンペラーのは、初期不良があり、ようやく交換品が手元に届いた。音質は先に発売されたときのものよりも、良くなっている印象だ。EMIはリマスタリングをやり直したのか?あるいは、そもそも使用する音源を間違えていたのか?わからないのだが、以前書いた「最悪のリマスタリング」から「現状ではベストの音質」と呼べるまでになった。記事を訂正したので、ご覧いただきたい。

 SACDをお持ちではない方にとって、CDとどれほどの差があるか眉唾ものであろうと思われる。私もフルトヴェングラーのSACDシリーズがなければ、SACDプレーヤーの導入はしなかったし、それまで一生縁のないものと思っていた。

 SACDとCDの差は、ありていに申し上げれば、「楽器音の自然な音色と生々しさ」 「聴き疲れのしないフォルティシモ」「ダイナミックスの幅の広さ」「情報量の1・2割増しと奥行き感・立体感」ということになるだろうか。CDではどんなに良い音のものでも、特有の艶のようなものがあり、これが人工的な印象を与える。SACDはそれがない、というのが大きな違いということになる。

 ひょっとしたら、シューリヒトの今回の盤は、SACD化の効果に疑問を持たれる方もあるかもしれない。元来、録音のバランスが金管と打楽器が前面に出てくるようで、弦の響きが時に薄くなり、小細工に感じられる瞬間のある音響である。はっきり言えば、こうしたマイナス面は全く改善されていない。しかしながら、スケルツォ冒頭の弦のささやき、アダージョのうねるような弦の歌は、自然さと生々しさを取り戻しており、少なくとも現状ではベストの音質になったのではないだろうか。

 金管なども終楽章冒頭などでは随分ぶっきらぼうに感じられたものだが、SACDではきちんとウィーンの響きがしている。強奏の中にも柔らか味がある、あの味である。

 シューリヒトのこの盤は、今聴くと古めかしい印象がある。ヴァントや朝比奈による自然体の名盤と違い、「私はこう読んだ」というシューリヒトの解釈が目立つ。しかしながら、アダージョだけは永遠の名盤だと思う。この余計な思い入れを排した淡々とした速いテンポの中に、自然詩人のような素朴さと霞を食べて生きるという仙人のような風情を思わせるのだ。

 スターウォーズで言えば、ヨーダなんだろうなあ。

 ちなみに9番のほうは、もっと音質改善が著しかった。最新録音だと言われても信じられるくらいの。8番はそこまではいかなかったけれど、CDと比べれば(地味だけど)しっかりと音質向上しています。


nice!(2)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。