So-net無料ブログ作成
バッハ:宗教曲 ブログトップ

バッハの「ロ短調ミサ」 [バッハ:宗教曲]

image.jpg
バッハの「ロ短調ミサ」について、感想を書くのは初めてである。

実は苦手な曲です。理由はどうしてもベートーヴェンと比べてしまうからで、ベートーヴェンが現世で、血しぶきと土埃の中で闘いながら平安を祈るのに対して、バッハのそれは宗教曲としては絶対の神を信じ抜いている。ベートーヴェンは人間を描くが、バッハは神を讃え、人間は中心にはない。人間ここまで神に全てを委ねられるのか、と卑屈な懐疑に沈んでしまうため、私は苦手なのである。

それでも何故か、手元にCDはある。私はボーイズの歌唱に天使を重ねるので、ウィンズバッハ少年合唱団、これはベリンガーの指揮。それから、聖トーマス教会合唱団、ビラー指揮が好きだ。

他には、マウエルスベルガー、クレンペラー、パロット、コープマン、それに最近では福島章恭、サヴァール、あれ結構持ってんなぁ…

サヴァールのは、豪華な装丁で、映像も付属されており、SACDなのが魅力だったがひどい品物だ。ネットでも誰も指摘しないが、第1曲冒頭二回目のキリエで録音上の歪みがある。これで完全に「ロ短調ミサ」は私にとってうんこになった…>_<…

まあ、それは冗談だが、どのCDでも満足しないし、コープマンも大学時代にはよく聴いたが(宇野功芳推薦盤)、録音が残響過多だし、あっけらかんとしすぎかな、と。

で、昨日から聴き出したのは、バット指揮ダニーデン・コンソート&プレイヤーズ。LINNレーベルというオーディオで有名な会社だし、SACDなのが魅力。

演奏は有名なのではないですか、様々なとこで評判を耳にします。リフキン校訂で、合唱は一人1パートですから重唱、独唱の室内楽的なアンサンブル。ただし、器楽陣は彫りが深く、気迫がみなぎり、快適なテンポの中で実に意味深い音の絵巻をひろげている。それにしても、録音が素晴らしいですね!

声楽陣は皆美声で、ノン・ヴィヴラートがどうとか、そういう約束事より、濡れた美声で、歌としての魅力を聴かせる。

素晴らしいアイテムです。当分はこれがあれば良いかな、と満足しています。これは福島章恭推薦盤でもありました(『クラシックCDの名盤 大作曲家篇』)。氏の推薦盤は合わないことが6割なのだが、これは大正解!感謝!^_^

nice!(0) 

リッカルド・シャイーのバッハ「マタイ受難曲」 [バッハ:宗教曲]

ChaillyBachMatthew.jpg

 シャイーがマタイ?

 違和感を覚えたが、もしかして、いわゆる古楽器スタイルとは違う何かがあるのでは?という期待があり、いそいそと購入して早一ヶ月。

 結果的に、この買い物は無駄ではなかった。

 シャイーのマタイ、ということで、どのような演奏を想像されるだろうか?

 たとえば、彼がマーラーで聴かせるような遅いテンポのもの、あるいは、メンデルスゾーンのように快活なもの。

 答えは、後者である。

 第1曲はあれよあれよというテンポで、進んでいく。

 序奏はメンゲルベルクやリヒターのようなタメ、イエス・キリストの歩みを思わせる雰囲気もなく、切れ味良く、ぱっぱと行進曲風。

 合唱団はテルツ少年合唱団と聖トーマス教会合唱団を使用。

 コーラスは非常に素晴らしく、まさに天使の声。

 オーケストラは、ブランデンブルグ協奏曲のときにも聴かせたライプツィヒ・ゲヴァントハウス。

 どうも、録音状態が独特の色合いでマスキングされているようで、あまり伝統的な木質の響きを感じられないのが残念だ(これはブランデンブルグのときも感じたこと)。

 第一曲で抵抗を覚えた方も、長ったらしいレシタティーボやアリアを、粒揃いの歌手たちのクリアーで情感豊かな歌声とともに、さくさく切り込んでいく姿勢には、むしろ新鮮だろう。

 ここ数年、マタイを全曲聴き通すなんてことはできなかったが、難なく聴き終えることができた。

 ドラマティックな起伏にも欠けておらず、もちろん、メンゲルベルクのような大芝居はいっさいない。

 しかし、リヒターよりははるかにドラマティックだと思うし(その分、禁欲的ではない)、

 終曲の快速テンポも、少年合唱の至純の歌声とともに、はっとするような祈りに溢れている。

 ただ残念なのは、第47曲の「憐れみたまえ、我が神よ」。

 ヴァイオリンがノン・ヴィヴラートで、悲しみを香りのように漂わせていくが、ここまでクールにやられると、まったく違和感を覚えてしまう。

 旋律の歌わせ方もちょっと独特なところがあり、やはり、ここはスタイルを超えて、綿々と心情を綴るべきではないだろうか。

 ブランデンブルグ協奏曲とは違い、はっきり言って、抵抗もあるシャイーのマタイ。

 おそらく、相当我を通したのであろうが、それが素直な感動や感慨に結びつかない点が、シャイーの大きな弱点だと思われる。

 新鮮な音作りや優秀な歌唱に耳を奪われても、心は奪われない。それは、マタイだからだ。

 しかしながら、その野心と「何か新しいものを生み出してやろう」という気概は買う。

 案外、何度か繰り返し聴いている自分もいるのであった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
バッハ:宗教曲 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。