So-net無料ブログ作成
マーラー:交響曲 ブログトップ

ティルソン・トマスのマーラー [マーラー:交響曲]

tilsonthomas.jpg

 巷では、バーンスタインがイスラエルのテルアビブで行ったマーラーが評判のようである。

 私ももちろん発売当日に入手して、何度か聴いたのだけれど、

 世間の熱狂についていけず、もどかしく、また寂しい気持ちもある。

 期待ほどには良くなかった、というのが印象だ。

 伝説的な日本公演を耳にした人には、当時の記憶を思い出すよすがなのだろうし、

 バーンスタインとともにマーラーを愛するようになったファンの方々からすれば、感涙の演奏なのだろう。

 録音は当時のライヴ録音としては優秀なのだろうが、

 リマスタリングの段階で多少ノイズ・カットなどはされているのかもしれない。

 当時会場で響いたであろう打楽器や金管の衝撃が抑えられているのが残念でならない。

 が、弦は生々しい。

 この生き物のように蠢くオーケストラこそ、バーンスタインのマーラーなのだ、ということもよくわかる。

 遅く粘り、絶叫し、悲鳴をあげ、夢に夢見るような、あの分裂気質のマーラー。

 終楽章の長大なアダージョは、もうファンならたまらないのだろう。

 でも、バーンスタインなら、もっとできそうな気がするのだ。。。無いものねだりをしていては仕方ないのだけれど、

 このライヴ録音は、たしかに熱演だが、意外に冷めた印象も受ける。

 完成度の高い造形といい、細部に至るまで彫り込んだ表情といい、旋律の歌わせ方といい、

 それが真に胸に響いては来なかった。

 アムステルダム・コンセルトヘボウとの録音やベルリン・フィルとのライヴのほうが、

 その意味では迫真的だった気がする。

 バーンスタインのマーラーはもう古い、と言うわけではけしてないけれど、

 最近はティルソン・トマスのマーラー、交響曲全集を深夜楽しんでいる。

 最初の頃は、理性的で整理整頓された頭で考えたマーラー、という印象で、買って損した感があったのだが、

 SACDの録音の良さもあり(もっとも5番の終楽章では一瞬音がひずむ箇所や、7番の終楽章ではデジタル・ノイズ)、

 そのオーケストレーションの精密さに、改めてマーラーの音のパレットの広さを思うのだった。

 第9など、バーンスタインとは全く違う音楽に聴こえる。

 どこをとっても汚い音はなく、美しいオーケストラの響き、現代的に洗練された音のバランスが聴こえ、

 テンポは同じく遅いにも関わらず、心地良いのだ。

 もちろん、阿鼻叫喚は表現されているが、それがけしてドラマとして劇性を伴って顕在化することはない。

 何が真実か、ということはさておき、どちらが好きか嫌いかで言えば、バーンスタインのほうが人間マーラーだと思う。

 でも、人間マーラーだけではなくて、普遍的な音楽になったマーラーを聴きたいとき、

 ティルソン・トマスのマーラーは、ワルターのような古典に通じる何かがあるように思う。

 マーラーの心のドラマが、音として磨き上げられた人工美の極致にも、魅了されるようになった。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

クレンペラーのマーラー:交響曲第7番のSACD化を喜びつつも・・・ [マーラー:交響曲]

 いろいろな音楽を聴いてきたつもりだが、フランスもの、特にドビュッシーとラヴェルには全く興味がなかった。

 私の職場には、プーランクがお好きな先生がいらっしゃるのだが、私が「プーランク、そんなにいいですか」と言うと、

 「kitakenさんは多分気に入らないと思うな」とまともに取り合ってくれない。

 一気にSACD化されたクリュイタンスのラヴェル、マルティノンのドビュッシーは買い求めておいた。

 まだ『ボレロ』や『夜想曲』とかしか聴けていないが、音による詩といった風情が鼻持ちならない。

 ラヴェルのピアノ協奏曲もどこが良いのかさっぱりわからない。

 これは悪口ではなくて、私に向いていない、ということなのかしらむ。

 でも、がんばって聴いていこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 音楽を「がんばって聴いていこう」とは、随分変わった人だなと思われるかもしれない。

 しかしながら、大なり小なり皆様も経験があるはずだ。

 新曲は耳になじませるまでに時間がかかる。

 クラシックだと、長大な曲になればなるほど、全貌の把握に時間がかかる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私の場合は、マーラーは時間がかかった。

 一番最初に好きになったのは、「大地の歌」と第9だった。

 だが、今ではこの二曲が今一番聴きたくない曲だ。

 特に、9番はしんどい。

 一楽章は名曲だと思うのだが、二楽章、三楽章は終楽章への布石にしか聴こえず、楽想もメロディーも、

 皮相的で底力が感じられない。きっとマーラーが生きていたら、加筆・修正しただろう。

 終楽章は皆好きなのようだが、あの弦楽合奏。。。

 主題は美しいが、それを延々と奏でられても苦痛で仕方がない。あれを遅いテンポで粘られた日には辛い。

 私が好きなのは、速いテンポでえぐり抜き、絶唱として歌い上げるような演奏。

 魂を浄化して、「去り際」を未練たらしく歌うのではなく、さっさと昇天させてほしいのである。

 ワルターとか、クレンペラーとか、バルビローリとか。

 反対に嫌いなのは、バーンスタイン、ジンマン、小林研一郎。重過ぎる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 マーラーの交響曲の中では、1番、2番、4番、5番、8番あたりが好みにあう。

 1番は昔は浅はかな曲だと思っていたが、その若々しさと初々しさは素晴らしいものである。

 2番も古典的な造形で、クラシカルに響かせる演奏なら好きだ。

 スケール雄大にやりすぎると冗長さが目立つ。

 こういう曲には、やはりブルーノ・ワルターが一番適正を示していると思う。

 4番もワルター。1955年のウィーンとの盤が一番好きだが、ギューデンのソロがかわいくない。

 かわいいとなると、やはりバーンスタイン盤のレリ・グリストだろう。

 世評に違わず、素晴らしいと思っている。

 5番はモノラルだが、ワルターとニューヨーク・フィルの名盤があって、

 愛らしい純情を大事にした温かいヒューマンの音楽として感じさせてくれる。

 もっとも、これらの曲も日頃楽しむことは少ないのだけれど・・・

 8番なんて、終結部分しか聴かないし。。。ダメな聴き手だなあ。とほほ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、7番は比較的最近になってから聴くようになった。

 終楽章が一番好きなのだ。

 演奏はクレンペラーとニュー・フィルハーモニア管弦楽団の演奏が凄い。

 内容空虚な乱痴気騒ぎになりかねない派手な曲を使って、

 魂の祭典、というか、荘厳ミサのように圧倒的なスケールの感動作にしてしまうあたり、

 クライマックスなんて、8番に匹敵する宇宙讃歌のようですらある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最近、SACDで復刻された。

 二月号の『レコード芸術』で吉田秀和が「新鮮な音」だと述べていたEMIのSACD名盤シリーズ。

 クレンペラーの今回のも、音がフレッシュだ。

 HS2088の音は歪がちだったし、ずっと前に出ていた海外輸入盤はこれに比べれば音に勢いがなかった。

 SACDの良いところは、鮮明さが増し、高・低のバランスがはっきりとして、

 音が全面にこれでもかと飛び出してくるエネルギー感だろう。

 とくに、クレンペラーの名盤にはそう感じる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 はかない願いなのはわかっているけれど・・・

 1970年のロイヤル・フェスティバル・ホールでのベートーヴェン全曲演奏会、

 これBlu-Rayにして、音声はSACD化していただけないでしょうかね。

 フルトヴェングラーを超越した名演奏だと思うのですが・・・


nice!(0)  コメント(0) 

ギュンター・ヘルビヒの芸術:マーラーの交響曲第9番を聴いて [マーラー:交響曲]

HerbigMahler9.jpg

 先日「アフィリエイトやらないんですか」ということをわざわざお尋ねいただきました。

 やりません。

 だって、私が採り上げる演奏やCDは大昔のものや、廃盤ばっかし。アンティークみたいなものが多いですからね。手に入るならば私が先に買っていますよ。

 新譜を扱うことも、現役盤を扱うことも少ないですし・・・。

 それに、レーベルと癒着でも・・・?なんて思われてしまうのも残念なので、あえて何もしないことにしています。

 でも、時々猛烈にお薦めしたくなることもあるのですよ。それが今回採り上げるヘルビヒのマーラー。

 「ギュンター・ヘルビヒ」なんて名前、知らない方のほうが多いことでしょう。

 しかしながら、知る人ぞ知る、という名匠だと思いますぜ。

 かつて、ハイドンの交響曲集で愛好家の間で話題になりましたし、ザールブリュッヘン放送響の今の実力を築き上げた手腕を思えば、まさに名匠。

 試みに、CDなんて検索してみても、ほとんどない。ベートーヴェンでも録音してくれたら、すぐに飛びつくんですが。あ、ショスタコーヴィチの交響曲第8番があるじゃないか、知らなかった、So sorry。

 何で、ザールブリュッヘン放送響はスクロヴァチェフスキーなんて全集指揮者に選んだのでしょう。ヘルビヒとまずは録音してもらいたかった。

 このマーラーの交響曲第9番は、2001年9月16日に行なわれている。咳が聴こえますので、ライヴ録音なのでしょう。

 録音は非常に明晰。ホールの雰囲気やオーケストラの魅力を良く伝えてくれます。

 私はこの演奏を聴いて唸りました。まるで、ワルター/ウィーン・フィルの第二次世界大戦前夜のライヴの解釈を、現代の流麗・端麗・緻密なスタイルで成し遂げたような演奏だからです(特に一楽章!)。

 反応が良く、粘らず、シンフォニックな構成がまずあり、派手さのない滋味な音色が妙に温かみがある。情報量も多いが、その全てが意味を持って語りかける。急所・急所では、金管が炸裂し、打楽器が物凄い一発を叩く!

 一楽章は流れも良く、速めのテンポが快適だ。劇的な効果も、シンフォニックな造形の中でこれ見よがしではなく、極めて意義深く響いてくる。これは非常に尊いことだと思う。

 弦の熾烈さ・流麗さも素晴らしい。そして、金管のスッと入ってくる心地よさは爽快ですらあり、美化された悲劇のようにすら感じられる。

 怖ろしい戦いの部分では、打楽器が大活躍し、それがけして美感をはみ出さず、威厳すら感じさせる。死の恐怖や阿鼻叫喚を強力な念力で聴かせる、といった情念世界はない。

 葬儀の際に、棺に置かれる一輪の花の美しさを思わせる荘重さと至純さがある。

 二楽章はおっとりとしたテンポではじめ、のどかなムードが一気に立ち込めるあたりが心憎い。しかし、相変わらず、華美な色彩感覚とは無縁で、滋味な音色。それが妙な旨みを作り出している。

 もう少し緊張感があっても・・・という意見が当然出てくるだろうが、グロテスクなものにしないところが、ヘルビヒの気品なのだろう。それに終結に向かってどんどん物凄くなってくる。相変わらず、打楽器の一発が意味深い。

 三楽章はリズムも良く、歯切れも良い。しかし、けして豪華絢爛にならないオーケストラ。最初のうちこそ、紳士的な穏やかさがあるが、曲が進むにつれて音彩を増し、一楽章と同様の戦いが再燃する。終結の追い込みは思わず興奮させる。中間部の涼やかな美しさも特筆したい。

 昔、ドホナーニのマーラーの同曲が発売されたときに、けちょんけちょんに批判したことがあります。私も若かったから、随分攻撃的に書きすぎて・・・(以下、自粛)。ドホナーニの演奏も涼やかでしたが、蒸留水のような感じがしたものです。ヘルビヒのは「味」があるんですよ。わからないかなあ・・・自分でも何が言いたいかわからない。

 四楽章はノイマン/チェコ・フィルの美しい演奏もあるが、ヘルビヒのはまずドイツのオーケストラであることを真っ先に思わせる硬質な渋さがあり、そこに上質の輝きを放つ美しさがある。高音の儚い美しさは夢に聴くようで、天国的な雰囲気を持っている。終結和音も青空に溶け入るよう。まさに「癒し」である。

 飽きの来ない味わいを持った、そして品格と滋味を持った、音楽の素直な美しさを伝える演奏。

 お薦めなのですが、こういう時、アフィリエイトがあれば便利ですよね・・・。もしご興味のある方はネット検索して探してみてください。 

 こういうあまり有名でないながらも、地に足をつけて業績だけで勝負する指揮者というのは、本当にいい仕事をします。

 私も見習って、地に足をつけて、業績だけで勝負する、真に実力ある研究者になりたいと思っています。お酒はほどほどに、そして、食べすぎには注意。本当にもう酒に意地汚いKitakenの愛の劇場でした(意味不明)。

 何てったって、年始。仕事の帰りに、ビール二杯、焼酎のほぼストレートを7~8杯。それに各種肴にチャーハンで〆て、二件目にバー。ビール二杯。焼きうどんを平らげて、三件目はインドカレーの店でビール二杯にタンドリーチキン。チキン片手にバングラデシュ人と英語でトーク。

 翌日は起き上がれないほどでした。頭痛いし、肩凝るし・・・。

 それにこんなこともあった。飲みすぎて、自転車の鍵をなくす。まともに歩けないのに、自転車を引っ張って歩き、転げて壁に頭を強打。家族に「誰かに殴られた!」なんて大騒ぎする始末。

 翌日は引きずったから、自転車がパンク。買い直しました・・・。これがつい昨年末の話・・・。

 さらにさらに・・・(以下、自粛)


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽
マーラー:交響曲 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。