So-net無料ブログ作成
検索選択
モーツァルト:歌劇 ブログトップ
前の5件 | -

クルレンツィスの「闘うフィガロ」 [モーツァルト:歌劇]

image.jpg
発売と同時期に購入し、一聴して愛聴盤となったアイテム。

テオドール・クルレンツィスは、ショスタコーヴィチの交響曲第14番でも、バルシャイの初演時ライヴ、セッション録音などの狂気を現代に蘇らせてくれた鬼才。スコアをひとえぐりもふたえぐりもするコンダクターだと思っています。

そんな彼がダ・ポンテ三部作に挑むというのだから、期待しないはずがない。すでに、「フィガロ」、「コジ」は完成、残るは2015年秋の「ドン・ジョヴァンニ」だ。

演奏の感想は方々で語られており、屋上屋根を付け加えるつもりはない。あまり指摘されないことも含め、個人的な感想を簡潔に。

・オーケストラは古楽スタイルだし、歌手もそのスタイルの歌唱法を身につけているが、禁欲的ではなく、雄弁で表情付けが凄い。スザンナのアリア「さあさあ、お膝をついて」など、演技をしすぎて、曲の持つ美しい旋律が吹き飛んでしまった。

・たしかに出来不出来のナンバーはあろうが、全体を通したらこれほど物語と音楽が一体になり、鮮やかさを通り越して、良い意味でグロテスクな演奏もないだろう。クライバーもベームもメルヘンでしかなく、クレンペラーに至っては純音楽でしかないが(それが良いのだが)、クルレンツィスのはダ・ポンテの闘う音楽。闘う「フィガロ」だ。最終幕フィナーレの「コリアムトゥッティ」を聴けば、如何に民衆の怒りが貴族階級に向けられていたか思い知る。

・美しいのは二幕のフィナーレ全体と、三幕のフィガロの生い立ちがわかり、スザンナが出てくる重唱、四幕、フィナーレ、伯爵の謝罪の場面の陶然たる時が止まるような美しさ。レチタティーボでもどこでも即興かのように活躍する、キラキラ弾むようなフォルテピアノ。これ、チェンバロではないよね??

録音はとても良いし、オペラはCDではちょっと、という方にオススメ!

nice!(0) 

モーツァルトの「魔笛」の名盤は?② [モーツァルト:歌劇]

image.jpg
「魔笛」の名盤は何かについて、以前はよく考えたものです。一時期はノリントンにはまり、今聴くのはベームの新旧くらいでしょうか、昔求めたものの中では。もちろん、ワルターは最愛の盤ですがモノラルだし。先日買ってみたクリスティも今はもう…。

それだけ飽きがきやすいということなのか、どうなんだろうか。結局しかつめらしいベームが一番飽きないということなのか?噛んで含めるというか。

今の私が好きなのは、今年になってやっと初CD化されたコープマン盤。1982年のライヴ録音です。

乾いた残響の少ない音なのですが、鮮明で明朗でビビッド極まりない。舞台や客席ノイズ、拍手も拾った臨場感といい、アンサンブルを細部まで堪能できる、魅力的なレコーディングとなっています。コープマンは、「レクイエム」、「戴冠ミサ」、「アヴェ・ヴェルム・コルプス」などなど、声楽の入ったモーツァルトが最高だと思っていましたので、この魔笛も発売されたのを知り、HMVのポイントで購入。リマスタリング・エンジニアはあの杉下一家さんでした。

一聴、ベームの新旧、ワルター、ノリントンを忘れるくらいの感銘を受けました。声楽陣はどの役も大きくマイナスになることもなく、チームアンサンブルを繰り広げており、また何と言ってもコープマンの統率力が素晴らしい。

コープマンは初演の様子を蘇らせるという立場の元、学究的で自筆譜や当時の資料に当たるなど、相当な研究成果に基づいたものなのでしょう。

序曲から古楽器スタイルとしてはやや遅めの、早すぎないテンポで、金管や打楽器も強奏はされても意味深く、またグロッケンシュピールも夢幻な音で、まるで魔笛の芝居初上演を目の前で聴く、という趣です。細かい伴奏まで強弱をつけ、聴いたことがない新鮮さ!

三人の童子は少年で、これが素晴らしく霊的な魅力があります。パミーナはややおばさん声なのが残念ですが、パパゲーノ含め大きな不満にはなりません。古楽的歌唱だからでしょうか。

幕が開いても、メリハリがあり、妙なチープさがまた味わいがあります。ザラストロ登場の当たりの打楽器もワクワクします。パパゲーノが打ち鳴らす魔法の鈴の音も、上に書いたようにもとてもファンタジーな魅力。

気になったのはセリフがかなりカットされて録音されていることと、何故か三枚組なこと。二枚組にできたはず。ただし、歌詞対訳があるのはやはり便利でした。

個人的には現時点のベストワンです。オケの素朴さ、歌手のチームワーク、芝居小屋の臨場感、ファンタジーな音世界、これらが成功の秘訣でした。

nice!(0) 

モーツァルトの『魔笛』の名盤は? [モーツァルト:歌劇]

image.jpg

モーツァルトの歌劇『魔笛』には様々な演奏記録があると思うが、私がよく聴いていたのはノリントン、ワルター、それにベーム/ベルリン・フィルである。

どれも長所・短所があって、最近になってどれも気に入らなくなってしまった。

まず、ノリントン盤。

かつて、このブログでも取り上げた演奏だが、聴くに堪えない、というのが今の心境だ。

古楽器による演奏はすっきりとした見通しで良いのだけれど、音に含蓄がなく、金管は常に溶け合わず、剥き出しの強奏となって「あっけらかん」とした音楽が展開されていく。

序曲は何の意味も感じられないし、幕が上がって音楽が進んでも、どこか味わい足りなさ、食い足りなさを感じさせる。

たえず、せかせかとしている感があって、ちっともメルヘンではないのじゃ。

パパゲーノが振る魔法の鈴にしても、金属的な音を強くガチャつかせているが、音程も悪いし、夢に響く感じがまるでしない。パパゲーノを歌うシュミット自体が、まったく大根なんだけれども。

ワルターは、もう時代の遺物だと思った。

ワルターが残してくれた演奏には、今でも、そしてこれからも永遠に価値を失わないものがいっぱいあると思うが、このメトロポリタンとのライヴ録音はモノラルだし、歌詞も英語だし、歌い方も古臭い。

わざわざ取り出して聴いても、感動しなくなった自分に気づき、DANNOさんに聴かせていただいたときのニキビ面の少年の初々しい気持ちはもうなくなったのか、と寂しくなってしまった。

でも、序曲やオーケストラだけは、魔笛の演奏史を語る上で忘れることのできない名演奏だと思う。

私が「時代の遺物」と言ったのは、あくまで『魔笛』を聴く際のファースト、セカンド・チョイスではない、という意味です。

ベームを聴くなら、ウィーン盤がいい。

最近はそう思うようになった。ベルリン・フィルのはオーケストラに魅力がないし、女声陣がおばさんくさい。

(ウィーン盤はシモノーのタミーノがあんまり好きではないのだが、総合的に歌手は粒ぞろい。やはりウィーン・フィル、ええですわ。)

パパゲーナと夜の女王はベルリン・フィル盤もいいけれど。これはフィッシャー・ディースカウのパパゲーノを聴くための盤と決めている。

で、今の私のチョイスは、ベームのウィーン・フィル盤かクレンペラーのフィルハーモニア盤。

クレンペラーについては今まで書いたことがなかったので、この機会に感想を書いてみよう。

『フィガロの結婚』ほどに遅いテンポではなく、むしろ穏やかで落ち着きのある程よいテンポに感じられる序曲。

ワルターほど音にドラマを求めてはいないが、内声をたっぷりと鳴らして立派に盛り上げている。

シュワルツコプフ、クリスタ・ルードヴィヒ、へフゲンの3人の侍女は、圧巻の豪華さで、芸術として考えれば格が違うし、男性陣もフリックのザラストロを除いて理想的。

ヤノヴィッツのパミーナ、ベリーのパパゲーノ、ゲッダのタミーノは文句がない。

例の鈴の音も、柔らかく鳴らしているので、メルヘンに遊ぶよう(ワルターはもっと美しく演奏させているが)。

60年代の録音なので、ゴーストもあるし、ややレンジが狭くて窮屈な感があるが、これはSACD化で何とかならんものか。

ベームとクレンペラー、どちらが好みか?と問われれば、その日の気分で選ぶ、と答えたい。 


nice!(0)  コメント(0) 

モーツァルト:歌芝居『魔笛』の名盤①ノリントン/ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ盤 [モーツァルト:歌劇]

NorringtonZauberflote.jpg

 魔笛の(現時点での)最高の名盤。タミーノが邪悪な蛇に襲われているところから、音楽キラキラと生き生きと飛び出してくる。

 モダン・オーケストラのCDでは、ヴィブラートによって無惨なハーモニーになりかねない三人の侍女のナンバーも美しく、透明に輝く。

 細かい走句やちょっとした装飾音まで、音楽は飛び跳ねるようであり、むき出しの金管と乾いたティンパニが音楽に心地よいアクセントを加える。

 タミーノも素晴らしいが、夜の女王を歌うホッホの可憐さには打たれる。ドイテコムのような腹芸はないが、音楽のメルヘンチックさという点では、ホッホのほうがずっと好きだ。

 モノスタートスは私の好きな古楽歌手、ギ・ド・メイが歌っているが、声に焦がれるような哀感があり、単純な悪役には終わらない優しさがある。

 パミーナはドーン・アップショウ。この人も本当に美しい声の持ち主だ。モノスタートスとのやりとり、パパゲーノとのデュエットは聴いているこちらの身体がキラキラと輝き出すような至純さがある。

 残念ながら、パパゲーノのみ大根で、声もくぐもっており、全く駄目。

 さらに言えば、ノリントンの指揮も、序曲に関しては無機的にすぎる。これはべームや他の指揮者でもそうで、『魔笛』の序曲を真に切実なドラマとして指揮できるのはブルーノ・ワルターただ一人、ということになる。

 もっとも、ワルター盤はモノラル録音だし、オーケストラ、歌手も二流。さらに歌詞英語訳で歌われている。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

モーツァルト:歌芝居『魔笛』の名盤①べーム/ウィーン・フィル盤 [モーツァルト:歌劇]

 ここ一ヶ月ほどまともに更新ができませんでした。

 久方ぶりに音楽の話ができるわけですが、まずご報告。

 ヘッドフォンはゼンハイザーのHD650を購入しました。最近はもっぱらこのヘッドフォンで音楽を楽しんでいます。

 自分で選んだ品だけになかなかの満足を得て、エージングをしているまっ最中。

 最初はなんと高音が詰まったヘッドフォンだろうと呆れたのですが、次第に鮮明度・情報量・自然さを獲得し、高音も繊細なのびを聴かせるようになった。音楽を聴くのが倍化しつつある。

 ここのところ、集中して聴いていたのはモーツァルトのジングシュピール『魔笛』である。

 ベストCDはどれか、と伺っても、まあ、選ばれるのはべーム/ベルリン・フィルかクレンペラー/フィルハーモニア響といったところではないでしょうか。ドイテコムが夜の女王を歌うショルティを採る方もおられるかもしれない。

 私が一番最初に聴いたのはショルティの二回目。ウィーン・フィルの美しさとマンガチックなファンタジーに魅了されたことを今でも思い出す。CDは図書館で借りたから、今は手元にない。これも聴き直したいところだ。

 さて、手元にあるCDを聴き比べてどれが良かったかを報告。本当にマテキばっかり聴いていたのだ!

BohmZauberflote.jpg

 1955年、モーツァルトの生誕二百年に三大オペラのステレオによる名盤が完成する。すなわち、DECCAによる、エーリヒ・クライバーの『フィガロの結婚』、クリップスの『ドン・ジョヴァンニ』、べームの『魔笛』である。

 個人的にはクライバーが全部録音していたら面白かっただろうし、さらにこの指揮者の評価を高めたであろうと思うのだが・・・

 べームの『魔笛』は男声陣が若干弱く、オーケストラもウィーン・フィルの雑なアンサンブル作品という感じでいささか感心できない。おそらく、他の二作品の演奏に比べても一番落ちるのではないか。

 私も聴いてみて、べーム自身の指揮がどこか四角四面で、音楽が流れず、低回するところに疑問を感じた。

 もっとも、ベルリン・フィルとの再録音ではさらにシンフォニックになって、頑固一徹の重さを感じさせる。その意味では、このウィーン・フィル盤のほうが、べームの良さが素直に感じられるのかもしれない。

 パパゲーノは何といっても、フィッシャー・ディースカウをとりたいが、ワルター・ベリーもなかなかの好演。

 初々しさをどこかで感じさせるところが、この盤の最大の魅力かもしれない。パミーナを歌うヒルデ・ギューデンの気品のある美声、パパゲーノが打ち振る魔法の鈴のかわいらしさ(べームの再録音盤は鉄琴であることがはっきりとわかるくらい硬い音)。

 歌手は男声陣が弱いと書いたけれど、皆水準以上である。スターが揃っていないことも、そうした初々しい感動に繋がっているのかもしれない。

 なお、私が聴いたのは、写真の国内盤ではなく、初期西ドイツ製のもの。音はもっさりとしているが、聴感が自然で、鮮やかさのある音である。 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - モーツァルト:歌劇 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。