So-net無料ブログ作成

宇野功芳先生、ありがとうございました [雑記]

宇野功芳先生が亡くなられました。
硬膜下血腫の手術後、体力の衰えのため、執筆活動を勇退され、死因は老衰との報道。

何年も前から、宇野功芳先生は影響を受けた人物の一人ではあっても、音楽に対する好みや関心は大きく変わり、近年はその著作やレコ芸での評論についても、少なからず批判的に見ていました。

しかし、それはあくまで宇野功芳先生がご健在だったから。やはり、刺激やインスピレーションをいただく対象であったことは疑いもなく、亡くなられたことは失意でしかない。

青二才だった私に、文通を快諾してくださったことや、お会いしたときの細くて柔らかい手の感触を思い出す。

レコ芸の最新号を読んだが、金子建志の評論は、もはや音楽を語る評論ではなく、楽譜とその再現に関する楽理的な分析でしかない。つまらない、というのが偽りのない気持ちだ。

ブログやツィッター含め、誰もが宇野功芳になれる世の中。音楽について、気軽に語れる礎を築くきっかけになったことは間違いないはず。

心より御冥福を祈ります。ワルターやリリー・クラウス、クナッパーツブッシュやシューリヒト、フルトヴェングラーとどうぞ語らってください。きっとベートーヴェンやブルックナー、モーツァルトも待っていることでしょう。


nice!(1) 

nice! 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。