So-net無料ブログ作成

メンゲルベルク、『マタイ受難曲』 [ウィレム・メンゲルベルク (cond.)]

image.jpeg
2015年11月3日水曜日、17:51。

四年ほど前から、アルツハイマー型認知症を患い、昨年末には膀胱ガンが見つかり、10月2日から入院して闘病していた父が亡くなりました。享年80歳でした。

元気なときは好き放題やり、麻雀、競馬、競輪、パチンコ、消費者金融から借金など、家族に迷惑をさんざんかけ、認知症になってからは介護という形で改めて家族に苦労をかけた父ですが、息子の私としては介護の日々の方が父と向き合う時間、父を支える時間が増え、父にとっても献身的なデイサービスのスタッフの皆さんやお医者さん、看護師さんに囲まれて、陽だまりのような幸せな時間だったと思います。

父の認知症がきっかけで、認知症や医療について学び、またコウノメソッドの医療者にもなりました。高齢者をめぐる社会問題やターミナルケアのことを学びました。そして亡くなったあとの手続きの大変さも含めて、父が結んでくれた様々なご縁があります。

病院で一度危篤になった折、メンゲルベルクの指揮したバッハの『マタイ受難曲』、「憐れみたまえ、我が神よ」が頭の中で鳴り響きました。

タワーレコードの復刻盤は、父が息を引き取った日の翌日に届きました。音質はこれまでのものに比べて、合唱が立体的に聴こえ、また滑らかに美しく響く場面が増えました。独唱も生々しく、何より余計なノイズカットをしていないために、リアルさが伝わります。「あ、このノイズがあるから、フィリップスは音質調整したのかな」なんてわかるくらいです。

古めかしい記録ではありますが、私にとってはやはり宝です。

nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。