So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイレゾ環境でペレーニ [オーディオ]

image.jpg
笑われても仕方ないが、ハイレゾ環境は十分とは言い難い。

ただし、マランツのSA8004には、DACが内蔵されており、フロントにはUSBメモリを直接接続できるオマケが。これはなかなか重宝する。

waveファイルやmp3も再生できるし、24bit96kHz.対応なので、それなりの再生は可能。

最近、「龍馬伝」のサントラ、あとこれは非売品だがティーレマンのバイロイト第9、さらに「ツインピークス」のarchives音源などを楽しんでいる。

「ツインピークス」は、私の最愛のテレビドラマで、来年新シリーズが始動する。今、サントラに収録されなかった全音源が、デイヴィッド・リンチのサイトから有料ダウンロードできる。Applelosslessファイルで、wave変換して聴く。

今度発売される、グレン・グールドのUSBメモリ。こちらは何故か44.1kHz.に変更になってしまい、購入をとりやめたが、ミクローシュ・ペレーニのバッハ「無伴奏チェロ組曲全曲」がHungarotonのサイトからダウンロードできるので、flacファイルで入手。wave変換。こちらも44.1kHz.なのが残念だが、愛好家内で垂涎の名盤、LPでしか発売されず、すでに入手難の珍品のため入手。

まあ、今はナヴァラのSACDもあるから、入手難時代の有り難みはないが、演奏は自然体で風情がある。DVDの方が好きかもしれない。でも、良い演奏なのだから、高音質化を希望したい。

nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。