So-net無料ブログ作成
検索選択

甦れ!バーンスタイン一期一会のライヴ [SACD]

image.jpg
SHM-SACDでのリマスタリングの音質には玉石混交といった印象があり、カルロス・クライバーのベートーヴェン「運命」ならびに7番は音に芯がなく、最低だと思っている。私が愛聴しているのは、同じくクライバーのシューベルト、ムラヴィンスキーのチャイコフスキー、ヨッフムのオルフ、カラヤンのR. シュトラウス「四つの最後の歌」である。

今年はバーンスタインの没後25年目にあたり、ユニバーサル・クラシックからベートーヴェンの交響曲全集と例のマーラーが発売された。今日はその「例のマーラー」について書いてみたいが、その前に一言。

バーンスタインのベートーヴェンの交響曲全集は、カロリーは高いが脂っこい印象で、とりわけ金管など品のない音がずいぶん聴こえる。昔ほど感銘は受けなかったが、改めて聴いて随分細部までこだわりのあるユニークな演奏だと思った。また、改めて価値を見出すだろうか。それにしても、何故マーラーの交響曲全集をSACD化しなかったのだろうか。ずっと需要、それからSACD化のメリットがあると思うが。。。

さて、「例のマーラー」。曰く付きの演奏だが、昔から好きではない。

ちなみに、マーラーの交響曲の中で、9番はそれほど愛着がなくなっている。なるほど、1楽章は非凡だが、終楽章を弦楽主体のアダージョを持って来たいがために、中間2つの楽章はアイロニカルなスケルツォの性格にせざるを得ず、それがシンフォニー全体として完成度を損なわせているように思う。

同じようなことを考える方が、音楽家や学者の方にもいて、たとえば、東京藝術大学名誉教授の佐藤眞さんは、「要するに、真ん中二つは捨てなんだよな」と述べておられる。「捨て」とまでは思わないが、高校時代、ワルターのライヴを聴いていた頃も、2楽章だけは最後までシンパシーが湧かなかった。

私なら、マーラーはまず「巨人」「復活」「大地の歌」で、5番、7番、8番あたりはよく楽章を抜き出して聴く。9番よりも10番にずっと惹きつけられる自分を最近は感じるが、これについては閑話休題。

さてさて、改めて「例のマーラー」だが、初出CDの音質。あれは金属的なギラギラした音で、ベルリン・フィルの弦はのっぺりしていて、「どこが良いの?」という思いだった。アムステルダムでの録音が一等で、イスラエル・フィルとのライヴも今一歩かなと感じていた。

ESOTERICがSACDハイブリッド化し、奥行き、雄大さが増し、弦楽が艶をもって豊潤に聴こえるようになると、これがベストかなと思うようになった。9番に冷めていたのに、久しぶりにじっくり耳にし、感銘を受けたからだ。

その後、SHM-SACD化。シングルレイヤーだし、マスター・テープはユニバーサルの保有。さらなる高音質を期待しないわけがない。

初期ロットは不良だった。ユニバーサルは「4楽章が途中から片チャンネルになる」と言って、回収・良品交換対応したが、それがなければ知らん顔するつもりだったのか!?

収録音量レベルは異常に低く、アンプの音量を最大にしても足らない。楽章間の雰囲気やバーンスタインの唸り声なども、旧来のCDよりカットされずに復活しているが、音自体の情報量が少ない為、まるで生気のない「死んだような音楽」に変貌していた。リマスタリングは失敗か、と失望した次第である。

さて、良品は9月11日に届いた。余計なノイズ・カットもしなかったのだろう、臨場感に溢れ、生々しく迫力ある音質に変わっていた。低音は締まりがあり、ティンパニもダブつかない。これに比べると、やはりESOTERICのマスターは二次的なものか、オリジナル・アナログ・マスター・テープなとではない。バーンスタインの唸り声がかなりカットされた、旧来のCD用マスターであることがわかる。

ということで、やっと満足した。名演だけに、良い音質で蘇れば、胸を打つのは必定。これからはこちらで楽しむことになりそうだ。



nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。