So-net無料ブログ作成

クレンペラーのSACDシングルレイヤー化は失敗だったか!? [SACD]

image.jpg

2015年も9月に突入。時間が経つのは本当に早い。今夏は比較的、音楽を聴く時間が持てたので、ずっとじっくり聴いてみたかったワーナーのクレンペラー、SACDシングルレイヤー化されたベートーヴェンを聴いていた。

結論から。クレンペラーのEMIのステレオ録音は、SACD化がほとんど失敗に終わっているように思う。オークションや中古で、とんでもないプレミア価格がついているが、そんな価値はないと断言する!
以下は、CDとの念入りな聴き比べをした結果である。

クレンペラーのベートーヴェン交響曲全集は、座右に置きたい定番的な愛聴盤。待ちかねていた名盤の最新リマスターだった。

ASDレーベルのオリジナル・ジャケットを採用、LP発売時の曲目構成を意識して発売したため、ここまで細かく分けて発売する必要もなくもがな!っちゅうくらいの分売の量。最近出たバーンスタインの全集(DGのshm-sacd)と同じように財布も大変だった。

音質は見晴しが良くなり、一つ一つの楽器の音が耳当たり良く耳に入る。低域・中音域・高域がバランス良く、旧配置によるオーケストラの立体感が感じられた。風通しが良い、というのかスッキリ、スマートになった印象だった。

最初はSACDの効果は絶大だ、マスターの音に一番近いはずだ、と信じていたが、どうもCD時代に楽しんだ、あの「古めかしくて不器用な、それでいて人情味のある古城のような情緒」が感じられない。音色感が希薄で、人工的な感じなのだ。そして、妙に「自信のある音」になっている。

いぶかしく思い、CC30-3272〜77などという三十年近く前の古いCD全集と聴き比べてみた。

CDは音量を上げると音がキンつき場面(とりわけフォルテ)、聴き疲れするところもなくはないが、全体としては、楽器の質感といい、録音会場として使われたキングズウェイ・ホールでの臨場感、クレンペラーやプレイヤーの存在感など、ガサゴソノイズなど、SACD化でのリマスタリングで蒸留、いや漂白されてしまったものの多くを好ましく、味わい深く感じた。

SACDシングルレイヤーは、クレンペラーの演奏を綺麗に美しくは整音したが、老巨匠が音に込めた枯淡とも言えるポエジーや陶器を愛でるような音符への愛情まで消し去っている。ヘイワースの言う「良き音楽の弁護士」の演奏とはとても感じられない商品だ。

具体的に行こう。

まず、併録された序曲はことごとく音が悪い。覇気がなく、ふやけていて、重厚さがない。4番の終楽章、一番最後の和音には、CDでも「ザッ」という雑音が残っている。これを、こともあろうに除去したのだろう、不自然な加工をしているために、まことに興醒めな最終和音に変貌している!誰も指摘しないが、世の中どうなってるのだろう?

7番、有名なフィナーレ。CDで聴いてみれば、各楽器はうねるようで、むせるくらいの楽器の音の魅力、オーケストラの色艶が味わえる。そして、どこか禅のような、苔むした味わいも、、、。「あ!クレンペラーだ!」というあの音だ。SACDは、ただ音だけが聴こえる。クレンペラーの演奏の味わいを失くして、アナログな重厚さを失くして、どこか軽い、ぱっと聴けば鮮明だが、深みのない音に変わっている。

3980円という値段は高額だったが、それでも「この演奏が好き!」というのであれば、一度は聴いてみる価値があるのかもしれない、とタカをくくっていた。

上記は私の入門クラスのオーディオ装置による試聴だし、ランクが上がれば別な感想になるかもしれないから。オリジナル・マスター・テープからリマスタリングをやり直し、ルビジウム・クロックによるデジタル処理、イコライジングを最低限度に、ということだが、その最低限度がかなり怪しい。

マーラーも、ミサ・ソレムニスも、どうも綺麗すぎる。試しに後者を、西ドイツ盤のCDで比較したが、合唱の混濁さ、フォルテのきつさ、それに伴うノイズが大きいとはいえ、楽器の質感やソノリティーはこちらが自然な感じ。SACDシングルレイヤーは、「きれいな(人工的な)クレンペラー」だ。

お手元のCDで、十分堪能できると申し添える。高いお金で買うもんではないです。再発売されたら、お試しを。

nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。