So-net無料ブログ作成
検索選択

クルレンツィスの「闘うフィガロ」 [モーツァルト:歌劇]

image.jpg
発売と同時期に購入し、一聴して愛聴盤となったアイテム。

テオドール・クルレンツィスは、ショスタコーヴィチの交響曲第14番でも、バルシャイの初演時ライヴ、セッション録音などの狂気を現代に蘇らせてくれた鬼才。スコアをひとえぐりもふたえぐりもするコンダクターだと思っています。

そんな彼がダ・ポンテ三部作に挑むというのだから、期待しないはずがない。すでに、「フィガロ」、「コジ」は完成、残るは2015年秋の「ドン・ジョヴァンニ」だ。

演奏の感想は方々で語られており、屋上屋根を付け加えるつもりはない。あまり指摘されないことも含め、個人的な感想を簡潔に。

・オーケストラは古楽スタイルだし、歌手もそのスタイルの歌唱法を身につけているが、禁欲的ではなく、雄弁で表情付けが凄い。スザンナのアリア「さあさあ、お膝をついて」など、演技をしすぎて、曲の持つ美しい旋律が吹き飛んでしまった。

・たしかに出来不出来のナンバーはあろうが、全体を通したらこれほど物語と音楽が一体になり、鮮やかさを通り越して、良い意味でグロテスクな演奏もないだろう。クライバーもベームもメルヘンでしかなく、クレンペラーに至っては純音楽でしかないが(それが良いのだが)、クルレンツィスのはダ・ポンテの闘う音楽。闘う「フィガロ」だ。最終幕フィナーレの「コリアムトゥッティ」を聴けば、如何に民衆の怒りが貴族階級に向けられていたか思い知る。

・美しいのは二幕のフィナーレ全体と、三幕のフィガロの生い立ちがわかり、スザンナが出てくる重唱、四幕、フィナーレ、伯爵の謝罪の場面の陶然たる時が止まるような美しさ。レチタティーボでもどこでも即興かのように活躍する、キラキラ弾むようなフォルテピアノ。これ、チェンバロではないよね??

録音はとても良いし、オペラはCDではちょっと、という方にオススメ!

nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。