So-net無料ブログ作成

功芳の「第9」 [ベートーヴェン:交響曲]

image.jpg
宇野功芳(演奏の感想のため、敬称略)とは、私が十代の頃、文通をしていたことがあります。ハガキに独特の青いインクの万年筆で、読みにくい文字(若い時分にはそう感じた)が懐かしく思い出される。

私は若造だったし、様々なことをぶつけたのを記憶している。初めてお会いしたのは、新星日本交響楽団とのラストリサイタル。弟さんが亡くなり、そんな時期のコンサートだったが、握手して感想を書いたものをお渡ししたのを思い出す。

私は、音楽評論をする人の指揮で満足したCDは一枚もない、それは宇野功芳の場合でもそうでした。最近では福島章恭によるブルックナー、バッハの「ロ短調ミサ」も、ごめんなさい、という感想。モーツァルトのピアノ・コンツェルトは例外として(これはピアニストが素晴らしいのだ)。

さて、宇野功芳85歳の第9。できるだけ素直な感想を簡潔に。

エクストンのパッケージがおかしい。おそらくジャケットになるものが、ケース裏面になり、ジャケットは収録内容に。あべこべだ。裏返すと、白黒の宇野功芳の肖像。むーん。これは私のだけ?

録音はたっぷりとしていて、いつものエクストンの豊潤な音。オーケストラは優秀で、これは宇野功芳の解釈というよりも、奏者たちの技術の素晴らしさに感銘を受けた次第。

演奏について。これまで新星日本交響楽団、アンサンブルSAKURAのCDを耳にしたが、「解釈」という点ではこれが最終結論なのだろう。完成度は高い。

基本的な方向性は変わっておらず、長大な一楽章、再現部の巨大なデフォルメ、終楽章のフルオーケストラによる序奏部の歓喜主題のスローテンポなど、相変わらず。

ただし、オーケストラの技術が優秀であり、そしてまた、ソリストも合唱も優秀なため、これまでのCDで感じた違和感や恣意的な印象がかなり薄い。一楽章は、好き嫌いはあろうとも、一度は聴いておきたい表情付けが多いし(色々考えさせられた)、テンポが伸縮自在ながら、打楽器の強打や金管の迫力など、メンゲルベルクみたいだ。2楽章は快速で、新星日本交響楽団とのライヴよりもずっと自然。トリオはホルンといい、弦といい美しいし、三楽章は速いテンポでよく流れ、偏見なく感動しました。美しい!終楽章は前記のような部分があるとは言え、最後のプレスティッシモに至るまで熱い。さすがに、フルトヴェングラーほどの大爆発にはなっていないが(ご本人もライナーノートで「小爆発に終わってしまった」とある)。解釈のいくつかで疑問はあるものの、これは名演だと思います。

オンリーワンの演奏だろう。第9のベスト盤にはならないが、新しい第9像を見せてもらった演奏だ。

nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。