So-net無料ブログ作成
検索選択

チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルの東京公演(ブルックナー:交響曲第8番)を聴く [ブルックナー:交響曲]

celibidachebruckner8.jpg

 世間はGWで、電車に乗っても家族連れの方が多い。

 にぎやかなのは良い。しかしながら、子供が靴をはいたまま、椅子の上で窓の外を見ているのを、家族の誰もが注意しない姿を目撃する。

 「世も末だ!」と思ってしまう。

 まともにしつけのできない親、しつけられることなく甘やかされてきた子供、このツケが教育機関に回ってくる。

 そんなことを悶々と考えながら、快晴の空の下で、ぶらぶらと散策。

 クラシック音楽の新譜も、いくつか入手。

 その中で、チェリビダッケがブルックナーの8番を東京で振ったライヴが手元にある。

 1990年。チェリビダッケの晩年であり、椅子に座って演奏を始めた頃であろうか。

 この演奏、LDでも発売されていたということである。

 チェリビダッケに全く感心がないわけではないが、LDには興味がないので、そんな情報は知らなかった。

 遅いテンポで、老巨匠が振る、ドイツ伝統的なオーケストラ、ライヴ、とくれば、超名演と評価されるのだろうか。

 私には「凡演」にしか聴こえなかった。

 ブルックナーに心酔しきれていないKitakenが言うことなので、まったく気にかけていただくことはありません。

 ただ、私には、生起のない、大風呂敷を広げて、有難迷惑なくらいに手練手管を駆使した人工的な演奏にしか聴こえなかった。

 ブルックナーの化け物、というのか、自然な呼吸感や音楽自体が語りかけてくるような魅力が皆無。

 どこをとっても、チェリビダッケの世界。ブルックナーではなく、チェリビダッケの音の「博物館」。

 そう、博物館。

 磨き抜かれた音、音、音。それ以上を感じない。

 背景となる音楽世界は、禅の世界のようにモノクロで、抽象的な人工物。

 緊張感がない、とか、スペクタクルがない、とか言っているのではなく、音にしか感心がないように思われる。

 何を表現したいのか、何を伝えようとしているのかがわからないのだ。

 もちろん、チェリビダッケは伝えたいことがあるのだろうが、何か新興宗教の説教を聴いているような気がして、「これなら、わからなくて結構だ」と思えて仕方がなかった。

 ひとつひとつのことに意味を見出すという作業は、緻密で巧みでなければできない。

 その点は素晴らしいのかもしれない。

 しかしながら、わずらわしい、という思いが頭をよぎる。音楽とは流れるものではないのか。音楽の思考回路の中で、情報処理されるべき禅問答なのか。

 EMIのライヴ盤は、さらにひどい。

 磨きぬかれていたはずの音にも魅力がなく、チェリビダッケはこれから沈潜し朽ちていくのだ、と痛感したことを思い出した。

 ちなみに、リスボンで行われたライヴの海賊盤が超名演として知られている。1994年のライヴ。

 これは私も聴いているが、チェリビダッケに覇気やエナジーを感じる。

 ひょっとしたら、晩年のスタイルとして奇跡的にうまくいった演奏なのかもしれない・・・。

 だからこそ、「リスボン・ライヴ」として伝説扱いされるのだろう。

 それでも、朝比奈やヴァント、それにヨッフムのような演奏に魅力を覚えるものである。同じミュンヘン・フィルを振ったクナッパーツブッシュを筆頭に。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

duchamp

Kitakenさん、お元気でいらっしゃいますか?
久方振りにThe World of Kitakenにお邪魔しました。
が、ここ二ヶ月あまり、ディスク・レビューがなく寂しい想い。
ビートルズからチェリまで実に的を射、我が意を得たり!
貴殿の健筆が待ち遠しゅう御座います。

by duchamp (2010-08-19 09:06) 

kitaken

duchampさま

コメントをありがとうございます。

めっきり音楽を楽しむ機会が減ってしまい、ブログも更新しておりませんでした。

のんびり続けていきます。
by kitaken (2011-01-27 16:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。